• 44 引用
  • 4 h指数
1982 …2016

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Harukazu Igarashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 44 引用
  • 4 h指数
  • 45 Article
  • 14 Conference contribution

Policy gradient method using fuzzy controller in policies and its application

Noor Imanina, N. H. & Igarashi, H., 2014, International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition, AIPR 2014, Held at the 3rd World Congress on Computing and Information Technology, WCIT. Society of Digital Information and Wireless Communications (SDIWC), p. 167-174 8 p.

研究成果: Conference contribution

  • Policy gradient approach for learning of soccer player agents: Pass selection of midfielders

    Igarashi, H., Fukuoka, H. & Ishihara, S., 2011, Lecture Notes in Electrical Engineering. 巻 70 LNEE. p. 137-148 12 p. (Lecture Notes in Electrical Engineering; 巻数 70 LNEE).

    研究成果: Conference contribution