• 1518 引用
  • 22 h指数
1992 …2018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Keita Hamasakiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

研究成果

  • 1518 引用
  • 22 h指数
  • 72 Article
  • 1 Letter
  • 1 Review article
  • Nucleobase modified neamines with a lysine as a linker, their inhibition specificity for TAR-Tat derived from HIV-1

    Inoue, R., Watanabe, K., Katou, T., Ikezawa, Y. & Hamasaki, K., 2015 5 1, : : Bioorganic and Medicinal Chemistry. 23, 9, p. 2139-2147 9 p.

    研究成果: Article

  • 7 引用 (Scopus)
  • A synthetic approach to aromatic aminoglycoside as a neamine mimic

    Inoue, R., Matsuda, S., Oda, Y., Ooyama, H., Yoshida, A., Hamasaki, K. & Yamanoi, T., 2012, : : Heterocycles. 84, 2, p. 1335-1343 9 p.

    研究成果: Article

  • HostGuest-bridge Induces Irreversible Helix Folding in a Short Peptide

    Nakamura, Y., Nakazawa, K. & Hamasaki, K., 2012 9 17, : : Chemistry Letters. 41, 9, p. 908-909 2 p.

    研究成果: Article