• 2002 引用
  • 23 h指数
1990 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tetsuo Okaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Efforts toward practical application of uniform magnetic field using superconducting bulk magnets

Nakamura, T., Yokoyama, K., Oka, T., Kim, S. B. & Izumi, M., 2020, : : IEEJ Transactions on Power and Energy. 140, 3, p. 162-165 4 p.

研究成果: Article

  • Formation of uniform magnetic flux distribution for NMR magnets using HTS bulk magnets activated by pulsed-field magnetization

    Oka, T., Inoue, N., Tsunoda, S., Ogawa, J., Fukui, S., Yokoyama, K., Sakai, N., Miryala, M., Murakami, M., Takahashi, M. & Nakamura, T., 2020 5, : : Materials Research Express. 7, 5, 056001.

    研究成果: Article

    公開
  • Investigation of flux jumps during pulsed field magnetization in graphene-Added MgB2 bulks

    Yokoyama, K., Oka, T., Berger, K., Dorget, R., Koblischka, M., Grigoroscuta, M., Burdusel, M., Batalu, D., Aldica, G., Badica, P., Sakai, N., Muralidhar, M. & Murakami, M., 2020 6 19, : : Journal of Physics: Conference Series. 1559, 1, 012080.

    研究成果: Conference article

    公開
  • 公開