長原 徹

  • 0 引用
  • 0 h指数
20102017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果

第2章「働き方に関する埼玉県を取り巻く状況」

Nagahara, T., 2017 3, 多様な働き方「埼玉スタイル」の推進: 平成28年度政策課題共同研究研究報告書. 彩の国さいたま人づくり広域連合, p. 14 22 p.

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

第13章「短期の経済学の回顧」

Nagahara, T., 2015 7 30, 市場の失敗との闘い. 日本経済評論社, p. 325-338

研究成果: Chapter

負債デフレーション再考

Nagahara, T., 2015 11 29.

研究成果: Paper

What does the long-term rate depend on? Fisher effect vs liquidity premium

Toru, N., 2012 1 1, Keynes and Modern Economics. Taylor and Francis, p. 231-242 12 p.

研究成果: Chapter

活動

  • 5 Participation in conference

Japan Economic Policy Association 2016

Toru Nagahara (Participant)

2016 10 292016 10 30

活動: Participation in conference

ケインズ学会第6回年次大会

Toru Nagahara (Participant)

2016 12 32016 12 4

活動: Participation in conference

ケインズ学会第5回年次大会

Toru Nagahara (Participant)

2015 11 282015 11 29

活動: Participation in conference

Japan Economic Policy Association 2015

Toru Nagahara (Participant)

2015 11 8

活動: Participation in conference

ケインズ学会第4回年次大会

Toru Nagahara (Participant)

2014 11 292014 11 30

活動: Participation in conference