Estimation of bonding nature using diamagnetic susceptibility

Keisuke Tomiyasu, Toyoto Sato, Shin Ichi Orimo

研究成果: Article査読

4 被引用数 (Scopus)

抄録

A chemical bond includes both covalent and ionic characteristics. We develop an experimental method to estimate the degree of each contribution based on magnetic susceptibility measurements, in which Pascal's scheme for Larmor diamagnetism is combined with electronegativity. The applicability to metal hydrides is also shown.

本文言語English
ページ(範囲)8691-8694
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
51
41
DOI
出版ステータスPublished - 2015 5 21
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Estimation of bonding nature using diamagnetic susceptibility」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル